また、飲みたい。
まいにち、飲みたい。
そんなお茶を、
高香園から。

お知らせお知らせ一覧

高香園の、お茶づくり。
高香園は、お茶を「つくって」います。
まず土壌をつくり、そこに茶の木を自家栽培し、
ひとの手でていねいに手摘みした茶葉を、
園主の技術と経験で香り高いお茶へと仕上げ、お客さまに
「また飲みたい」「まいにち飲みたい」と思っていただく。
そこに至るすべてにおいて、力と心を尽くす。
それが、高香園のお茶づくりです。

美味しい一服は、
まず土から。
あたりまえではありますが、茶の木も植物です。
できあがるお茶の味には、
木が根を張り育つ土壌の質が深く関わります。
目指す美味しさのために、高香園はまず、
土づくりからこだわり、有機肥料を用い、農薬は控え、
剪定をせず、できるだけ自然の叡知にまかせて、
茶の木を自家栽培しています。

ひとの手しごとが、
味を分ける。
新茶の季節。高香園の茶畑は、地元の女性たちの
楽しげな声でにぎわい、陽ざしをたっぷり浴びた
茶葉の胸のすくような香りで満たされます。
「お茶摘みさん」が、柔らかい新芽だけを
選り分けながら、一枚一枚手摘みするのです。
ひとの手で摘まれた茶葉は、飲みくらべると
やはりそれと分かるほど、旨味と香りが違います。

火を見極めて、
香り立つお茶へ。
その年ごとの茶葉の具合に合わせて、
蒸して乾燥させた荒茶。
園主は、さらにもう一手間「火入れ」をします。
見極めるその温度が高すぎても、低すぎても、
お茶の香りを損ねてしまいます。しかしこれを経てこそ、
高香園の「香り高く、印象に残るお茶」になります。
おろそかには、できません。

高香園のお茶

  • 抹茶
  • 手摘み茶葉の豊かな香りと深い旨味をまるごと。
    高香園のこだわりを味わっていただけます。
  • 深蒸し茶
  • 自然の力とていねいな手作業が織りなす、
    何杯もあとをひく、美味しさです。
  • 抹茶入り
    玄米茶
  • ほうじ茶
  • グリーンティー・
    抹茶オレ

高香園のご紹介

高香園のこれまでとこれから
高香園は、古くは江戸時代から茶どころとして知られる
豊田市吉原町で、昭和20年の創業以来、親子三代にわたり、
茶の木の自園栽培、製茶、販売を一貫して行っています。
地元の皆さまのあたたかいお力添えと
お客さまのありがたいごひいきをいただきながら、
これからもより美味しいお茶を目指してまいります。

三代目園主
野場義尊のご紹介
愛知県内では最高位の、茶審査技術六段を獲得。
平成9年、第68回京都府茶審査技術競技大会、
個人の部で優勝。
手がけるお茶は県内外の品評会で、
高い評価をいただいています。

 

「お茶屋」という、
くつろぎの場でありたい。
高香園には、ふだん飲むお茶を求めて、
また、ちょっとお茶を一服、と
たくさんのお客さまが日々お見えになります。
お茶屋というなりわいのこだわりは守りながら、
お客さまには、気構えることなくくつろいで、
お茶の美味しさを楽しんでいただきたい。
いつもそんな思いで、店を開けています。

高香園

〒473-0916 愛知県豊田市吉原町屋敷畠67
TEL (0565)52-3810
FAX (0565)41-5667
営業時間9:00〜20:00
定休日:毎週水曜日

詳しいアクセス情報

お問い合わせ

TEL (0565)52-3810
FAX (0565)41-5667